老人ホームのリハビリイメージ

リハビリについて知りたいならココから!老人ホームのリハビリ特集

老人ホームを探す際、「リハビリ」という単語を聞くことはありませんか?言葉の意味は分かるけど、実際に何をするのかは知らないという方も多くいらっしゃるかと思います。
そこで、今回は老人ホームで行われる「リハビリ」についてまとめました。
リハビリの内容や入居者インタビューも掲載中!
是非、施設探しの参考にしてください。

リハビリが必要なのは、どんなとき?

リハビリイメージイラスト

脳梗塞や脳卒中、転倒による骨折、加齢による足腰の弱体化など、さまざまなケースが考えられます。
どの症状にも言えるのは【それまで出来たことが、突然出来なくなってしまった】という点。
その際に「リハビリ」を定期的に実施することで、症状の改善を図り、スムーズな日常生活が送れる状態を目指します。

リハビリは、どんなスタッフが行うの?

リハビリを特徴としている老人ホームには、リハビリ専任のスタッフ(※総称で「機能訓練指導員」と呼ばれ、看護師や理学療法士などが、その役割を担います。)が在籍していることが多いです。
ここでは老人ホームに在籍しているリハビリスタッフの違いや役割、どういった症状の時にどのような対応をするのかをまとめました。

  • 理学療法士理学療法士イラスト

    【運動機能の維持・改善】を担当します。
    起き上がり・立ちあがり・歩行など、日常生活内の基本動作ができるよう、身体の機能回復をサポートいたします。

  • 作業療法士作業療法士イラスト

    【日常生活の動作・心のケア】を担当します。
    入浴・着替え・食事など、日常生活の動作がスムーズにできるよう、レクや創作活動を通じサポートいたします。

  • 言語聴覚士言語聴覚士イラスト

    【言語障害・聴覚障害・嚥下障害】を担当します。
    話す・聞く・食べるなど、日常生活や対人コミュニケーションがしやすくなるよう、サポートいたします。

  • 柔道整復師柔道整復師イラスト

    【身体症状の改善・痛みの緩和】を担当します。
    骨折・捻挫・打撲など、痛みを伴う症状に対して「施術」を行うことで、症状の改善・緩和を目指します。

  • あん摩
    マッサージ
    指圧師
    あん摩マッサージ指圧師イラスト

    【身体症状の改善・痛みの緩和】を担当します。
    肩こり・腰痛など、痛みを伴う症状に対して「あん摩・マッサージ・指圧」を行い、サポートいたします。

リハビリにも、種類があるってホント?

リハビリイメージイラスト

老人ホームでは、さまざまなリハビリが導入されています。
スタッフと二人で行うリハビリもあれば、たくさんの方と一緒に楽しみながら行うリハビリもあります。
大切なのは【意欲を持って長期的に行うこと】です。
ここでは、どんな「内容・目的」のリハビリがあるかについてまとめました。

  • 個別リハビリ

    個別リハビリイメージ

    症状に併せて、【専任スタッフと一緒に】行います。 動作訓練を通じて、「運動機能の維持・改善」に努めます。
    ※1回=約20分、週に1~3回ほど実施。

  • 集団リハビリ

    集団リハビリイメージ

    主に【集団体操・レクリエーション】などを行います。
    運動効果はもちろん、他者との関わりをもつことで、「孤独感の軽減・本人の意欲向上」にも繋がります。

  • 生活リハビリ

    生活リハビリイメージ

    ホーム内での【普段の生活】をリハビリとします。
    食堂まで歩く・着替えなど、スタッフのサポートを受けながら、「自分でできることを増やして」いきます。

POINT

上記の中でも、特に重視されているのが「個別リハビリ」です。
理学療法士が担当することが多く、入居者の身体状況に合わせてリハビリを行い【運動機能の維持・改善】を目指します。

リハビリでは、具体的に何をするの?

リハビリイメージイラスト

実施されるリハビリの内容は身体状況によって異なります。
ご自身やご家族とも相談しながら、その方に合ったケアプラン(リハビリ計画)を立案し、それに基づいて実施されます。
ここでは、症例にあわせたリハビリ内容をいくつかご紹介いたします。

  • 「運動機能」
    回復を目指す!

    おもな原因
    ●転倒事故からの骨折で起こる、歩行障害
    ●骨粗しょう症による圧迫骨折で起こる、極度の猫背 など
    「老人性円背」(ろうじんせいえんぱい)と呼ばれます。
    運動機能イメージ

    具体的なリハビリ例

    <歩行障害の場合>
    平行棒を利用する「立ち上がり訓練」、歩行器を利用する「歩行訓練」が主流となります。また、バランス維持の為に筋力トレーニングも実施します。

    <老人性円背の場合>
    正しい姿勢を維持する為、各トレーニングを実施します。体幹の強化、股関節の柔軟性の強化、脊柱の可動域の拡大が目標。

  • 「身体麻痺」
    回復を目指す!

    おもな原因
    ●脳梗塞による、身体麻痺
    ●くも膜下出血による、身体麻痺 など
    ※「片麻痺・半身麻痺」となるケースが多くあります。
    身体麻痺イメージ

    具体的なリハビリ例

    ●ベッドに座る「座位訓練」
    ●立った時の姿勢を維持する「立位訓練」
    ●麻痺側の足で立つ「片足訓練」
    ●立った状態で、麻痺側の足を踏み出す「ステップ訓練」
    ●踏み台に足を交互に乗せる「昇降訓練」 など

    ※状況に併せて実施し、回復を目指します。
    ※上半身麻痺の場合も、可動域を広げる訓練を実施します。

  • 「嚥下・言語障害」
    回復を目指す!

    おもな原因
    ●誤嚥性肺炎による、嚥下障害
    ●脳梗塞や認知症による、言語障害 など
    嚥下・言語障害イメージ

    具体的なリハビリ例

    <嚥下障害の場合>
    食事前の準備体操、開口トレーニング、飲み込み動作を鍛える「アイスマッサージ」などを実施します。

    <言語障害の場合>
    正しい発音を促す「発声訓練」、絵やカードを利用した「読解訓練」、プリントを利用した「書字訓練」、舌や頬の筋力トレーニングなど、一人ひとりの症状に併せて実施します。

ここまでは「老人ホームで行われているリハビリの概要」について紹介しました。
リハビリには多くの種類があり、一人ひとりの症状にあわせた内容で実施されます。
そしてここからは、実際にリハビリに力を入れている老人ホームを紹介!各ホームで行われているリハビリの取り組みや入居者のインタビューなどを紹介します。

リハビリに力を入れている施設を紹介

東京

アズハイム練馬ガーデン(介護付き有料老人ホーム)

  • 理学療法士
  • 柔道整復師
アズハイム練馬ガーデンイメージ写真1
費用
入居時費用 960万円
月額利用料 23.50 万円
※費用は代表的なプランの概算です
入居条件
65歳以上の要支援・要介護者
住所
〒194-0202
東京都練馬区田柄2-34-7
職員体制
2.5:1人以上
施設の詳細をもっとみる

アズハイム練馬ガーデンは、最寄り駅から徒歩4分というアクセスのよい立地にありながら、緑あふれる施設です。
この施設の特徴は、日常生活にもリハビリを取り入れ、日々無理なくリハビリを続けていけることと、専門スタッフによる個別リハビリ。現状の維持だけでなく、介護からの卒業をめざす、リハビリ充実の施設をご紹介します

リハビリの
ここが強い!

ご入居者の睡眠の状況や食事量、水分摂取量など、体調を確認できるシステム「EGAO link」を導入。また開放感のある屋上にもリハビリのための設備を用意し、砂利道や坂道、段差などを再現。

アズハイム練馬ガーデンリハビリイメージ
インタビュー
リハビリスタッフインタビュー
小川 太一さん写真

小川 太一さん

シニアホーム運営部 運営統括グループ 機能訓練リーダー。
取得資格:理学療法士

入居者インタビュー
佐藤 和子さん写真

佐藤 和子(さとう・かつこ) さん

85歳 
元々のお住まい:宮城県仙台市
2019年1月31日入居

まだまだある!リハビリ注力施設

MY介護の広場 入居相談室
リハビリ施設探し無料サポート

リハビリ施設さがしは私にお任せください!

介護の専門相談員 脇俊介

充実したシニアライフを送るために

介護の専門相談員 脇 俊介

充実したシニアライフを送るために

介護の専門相談員 脇 俊介

介護施設選びはわからないことがたくさんあると思います。そんな時は是非お気軽にご相談ください。私たちにご相談いただいた全ての方が、安心・充実のシニアライフが送れるようお手伝いします!

介護の専門相談員 脇俊介

無料相談・紹介の流れ

  • お問い合わせ

    お問い合わせ

    相談フォームまたはお電話からお問い合わせが可能です。お気軽にお問い合わせください。

  • ご相談

    ご相談

    メールやお電話でのご相談はもちろん、直接お会いしてのご相談も可能です。介護の専門相談員にご相談ください!

  • 施設紹介

    施設紹介

    2万件の施設情報の中から、ピッタリの施設をご紹介いたします。施設の見学のご予約等もお任せください。

  • ご入居

    ご入居

    希望の施設が見つかりましたら、入居契約となります。入居のための支度金等のサポートもございます。

お問い合わせはこちらから

お電話でのお問い合わせ

0120-175-155

平日10時〜18時

お電話から

0120-175-155

平日10時〜18時
メールでのお問い合わせメールから
MY介護の広場老人ホームを探す
ページ
トップへ