老人ホーム・介護施設の費用
【特別養護老人ホーム】(特養)の費用について
記事アイキャッチ

【特別養護老人ホーム】は、社会福祉法人や自治体が運営する公的施設で
一定の低所得要件を満たすことで、補助金や助成制度が受けられます。

負担軽減額は、区分けによって額が異なりますが
基本的に有料老人ホームと比較しても、安く入居が可能です。

今回は、特養の費用についてご紹介いたします。

特別養護老人ホーム(特養)の入居費用

収入・課税金額などに応じて、補助金や助成制度を受けられることもあり、
有料老人ホームと比較しても安い費用で入居できます。高額な入居一時金がないのも特徴です。

月額費用の内訳は?

●居住費
●食費
●介護サービスの自己負担分(1~3割)
●医療費・お薬代  など

※尚、オムツ代は「介護サービス費用」に含まれます。

自己負担費用について

居住費・食費の「負担軽減」が受けられる?

居住費・食費に関しては、一定の低所得要件を満たすことによって「負担軽減」が受けられます。
また、対象者の方は「第1〜4段階」に区分され、各段階によって補助金額は異なります。

「要件・区分け」については、以下の通りです。

負担軽減を受けるための要件

(1)世帯の全員(世帯を分離している配偶者を含む)が市区町村民税を課税されていない方
(2)預貯金等が単身で1,000万円 (夫婦で2,000万円) 以下

※注)上記要件を両方満たす必要があります。



【負担軽減:区分け】

<第1段階>
●老齢福祉年金を受給されている方
●生活保護等を受給されている方

<第2段階>
●合計所得金額、課税年金収入額、非課税年金収入額の合計が年間80万円以下の方

<第3段階>
●上記第2段階以外の方

<第4段階>
●上記以外の方

負担限度額について

食費と居住費の負担軽減、介護サービスの自己負担分は入所する居室のタイプによって異なります。
ここで、食費及び居住費の負担限度額、介護保険自己負担分について紹介しますので、参考にしてみてください。

【食費及び居住費 負担限度額】
※1か月あたりの費用(30日計算)

区分 食費 居住費
ユニット型個室

ユニット型準個室

従来型個室(特養)

多床室(特養)
基準費用
(目安)
41,400円
(1,380円/日)
59,100円
(1,970円/日)
49,200円
(1,640円/日)
34,500円
(1,150円/日)
25,200円
(840円/日)
第1段階 9,000円
(300円/日)
24,600円
(820円/日)
14,700円
(490円/日)
9,600円
(320円/日)
0円
第2段階 11,700円
(390円/日)
24,600円
(820円/日)
14,700円
(490円/日)
12,600円
(420円/日)
11,100円
(370円/日)
第3段階 19,500円
(650円/日)
39,300円
(1,310円/日)
39,300円
(1,310円/日)
24,600円
(820円/日)
11,100円
(370円/日)
第4段階 軽減対象外 軽減対象外 軽減対象外 軽減対象外 軽減対象外

※1単位10円として算出。施設によって異なる金額の場合もありますので、事前に必ず確認をしましょう。



【介護サービス費】(1ヶ月当たり)

要介護3 要介護4 要介護5
従来型個室 20,460円 22,470円 24,420円
多床室 20,460円 22,470円 24,420円
ユニット型個室 22,860円 24,840円 26,820円
ユニット型準個室 22,860円 24,840円 26,820円

介護のコラムについて介護のコラムでは、MY介護の広場[老人ホームを探す]に掲載している施設情報からの情報と、編集部が集めた情報を元に記事を作成しています。

MY介護の広場 入居相談室では、ネットやお電話からの資料請求・見学の申込み、入居施設の選び方などのご相談にお応えいたします。
運営:株式会社パセリ

インターネットからご相談(無料)
お電話からのご相談平日10時〜18時
0120-174-155
ページ上部へ