老人ホーム・介護施設の選び方
「有料老人ホーム」と「特別養護老人ホーム」の違いとは?
記事アイキャッチ

有料老人ホームと特別養護老人ホームの違いは分かりますか? インターネットなどで情報を得ていても、しっかりと理解されている人は多くないかもしれません。 どちらも高齢者や要介護者を対象とした施設ですが、サービス内容が大きく異なります。 今回は、有料老人ホームや特別養護老人ホームをそれぞれ説明していきます。

■特別養護老人ホームとは

特別養護老人ホームとは、社会福祉法人や地方自治体が運営している公的な施設です。
介護老人福祉施設とも呼ばれ、誰でもすぐに入居ができる訳ではありません。

・入居対象者と利用金額
入居の対象者は、65歳以上で要介護の3以上の認定を受けている方となります。
民間の施設に比べて費用が大幅に安く、入居金が不要です。
月額使用料の相場は個室を利用できるところもあるため、7万円〜17万円と少し広くなっています。
ただ特別養護老人ホームの場合は、課税金額などに応じた補助金や助成制度を受けることができるため比較的安く利用できます。

・サービス内容
サービス内容は、食事や入浴・排せつといった生活援助が中心となっており、医療処置に関しては限定的です。
ただ、終身利用ができますので、寝たきりの方や要介護認定が高い方にとっては、終の棲家となるケースが多く見られます。

特別養護老人ホームの大きな特徴としては、重度の方や緊急性の高い方から入所します。
そのため、比較的手のかからない方の入居に時間がかかってしまいます。

■有料老人ホームとは

有料老人ホームは、主に民間企業によって運営されている施設です。
訪問介護などの外部サービスが含まれた住宅型や自立した方のみを対象とする健康型、介護付きの3つの種類があります。

・入居対象者と利用金額
入居対象者はホームによって異なります。
とはいえ健康型以外は大抵の場合「65歳以上で自立の方から要支援・要介護の方」であれば、空き室がある限りすぐに受け入れてくれます。
月額使用料の相場は、15万円〜20万円と特別養護老人ホームと比べると高くなっています。
基本的に入居した後は、個室が与えられることも値段が高くなることに影響しているのです。

・サービス内容
有料老人ホームのサービスは食事や入浴・排せつの介護はもちろん、身体や生活・言語に関するリハビリや認知症ケアも提供しています。
また入居者がそれまで培った知識や技術を披露できる場として、趣味を楽しめるイベントやサークル活動を楽しめるようになっています。



以上が、特別養護老人ホームと有料老人ホームの説明となります。

各所で双方の違いに気付かれたことでしょう。
対象者や費用・サービス内容が異なってきます。
ご家族の入居を考えられている方は、その方の要介護認定度や状態をしっかりと把握して選ばれることをお勧めします。
また、ご家族と入居者本人の同意を得ることもとても大切です。

介護のコラムについて介護のコラムでは、MY介護の広場[老人ホームを探す]に掲載している施設情報からの情報と、編集部が集めた情報を元に記事を作成しています。

MY介護の広場 入居相談室では、ネットやお電話からの資料請求・見学の申込み、入居施設の選び方などのご相談にお応えいたします。
運営:株式会社パセリ

インターネットからご相談(無料)
お電話からのご相談平日10時〜18時
0120-174-155
お気軽にご相談ください!MY介護の広場 入居相談室

MY介護の広場 入居相談室では、ネットやお電話からの資料請求・見学の申込み、入居施設の選び方などのご相談にお応えいたします。
運営:株式会社パセリ

インターネットからご相談(無料)
お電話からのご相談平日10時〜18時
0120-174-155
ページ上部へ