介護ニュース
緊急性の高さが重要! 【特別養護老人ホーム】の入所基準とは?
2019/02/28 介護ニュース
記事アイキャッチ

「終の棲家として利用可能」「費用が安い」という理由から
入居を希望される方が非常に多くいらっしゃいます。

しかし、入居は先着順ではなく「入所基準」が定められており
即日の入居はなかなか難しい状況となっております。

【特別養護老人ホーム】が人気の理由、
入所基準・入所手順についてご紹介いたします。

【特別養護老人ホーム】が人気の理由

「終の棲家」として利用できる

【特別養護老人ホーム】は、入居者が亡くなるまで利用することができます。
他施設へ転居すること必要が無いため、入居者本人はもちろん、ご家族様にとっても安心です。

費用負担が少ない

【特別養護老人ホーム】は、公的な施設であるために、月額利用料金が良心的な価格になっています。
また、課税金額などに応じて「補助金・助成制度」を受けることもできるため、比較的安く利用できます。

「緊急性の高さ」が優先される

【特別養護老人ホーム】への入所は、各施設の「入所検討委員会」が中心となり、入所者の選定を行います。
入所の要件として、最も考慮されるのが「緊急性の高さ」です。

以下のような項目から検討されます。

入所要件の例

●65歳以上
●要介護3以上
●認知症の症状例
●住居の有無
●病院や施設から退所した経験
●介護可能の家族の有無
●家族の生活状況(仕事・育児・病気の有無)  など

※要介護度3とは、「身だしなみ・部屋の清掃」といった、身の回りのことが自分で出来ない状態を指します。

入所の手順について

【特別養護老人ホーム】に入所を希望される場合、以下のような手順が必要になります。

入所までの一般的な流れ

(1)お申し込み
入所希望者本人、もしくはご家族が申請します。

(2)入所に関する審査
職員による訪問調査が行われ、その結果データを基に「入所検討委員会」が入所者を選定します。

(3)ご家族同行の上、事前面接
待機順番が近づいてくると面接があります。入居者・ご家族・施設の職員を交えて話し合います。
入居者に関する情報交換の他、職員から施設や費用の説明なども行われます。

(4)契約の締結
契約書・重要事項説明書の内容を確認し、同意の上で契約を結びます。
入所当日はご家族と職員とで、入居者の状態や生活状況について話し合います。

【特別養護老人ホーム】に入居するまでの間は、「在宅介護」が基本となります。

現在では、デイサービスをはじめ、さまざまなサービスを提供する施設が増えているので
それらを上手く活用し、ご家族様の介護負担はもちろん、経済的負担も減らしていきたいですね。

その際は、ご本人様のニーズに合わせた介護サービスをご検討されることをオススメいたします。

介護のコラムについて介護のコラムでは、MY介護の広場[老人ホームを探す]に掲載している施設情報からの情報と、編集部が集めた情報を元に記事を作成しています。

MY介護の広場 入居相談室では、ネットやお電話からの資料請求・見学の申込み、入居施設の選び方などのご相談にお応えいたします。
運営:株式会社パセリ

インターネットからご相談(無料)
お電話からのご相談平日10時〜18時
0120-174-155
お気軽にご相談ください!MY介護の広場 入居相談室

MY介護の広場 入居相談室では、ネットやお電話からの資料請求・見学の申込み、入居施設の選び方などのご相談にお応えいたします。
運営:株式会社パセリ

インターネットからご相談(無料)
お電話からのご相談平日10時〜18時
0120-174-155
ページ上部へ