老人ホーム・介護施設の種類
特別養護老人ホーム(特養)とは
記事アイキャッチ

特別養護老人ホーム(特養)とは、介護の必要な高齢者が、入浴、排泄、食事などの介助、健康管理、機能訓練、療養上のケアを受けながら居住する、社会福祉法人などが経営する公的施設です。有料老人ホームよりも比較的安い費用で入居できるため希望者も多く、申込み後すぐ入居できないのが現状です。

特別養護老人ホーム(特養)とは

特別養護老人ホームとは、介護の必要な高齢者が、入浴、排泄、食事などの日常の世話、健康管理、機能訓練、療養上のケアを受けながら居住する、社会福祉法人などが経営する公的な施設です。胃ろうや気管切開への対応といった医療処置、重度の認知症などへの対応を強化している施設もあります。
特別養護老人ホームへ入所した方の多くは残りの余生を過ごすため、重度の要介護者にとって「終の棲家」的存在になっています。

所得により負担額が減額される制度もあり、有料老人ホームよりも比較的安い費用で入居可能です。そのため、入居希望者も多く特に首都圏では満室の施設がほとんどで、申込みをしてもすぐ入居できないのが現状です。入居を希望する場合には、待機人数や待機期間などを施設に確認してみてください。

入居条件は

特別養護老人ホームの入所条件は、原則、要介護度3以上で65歳以上の高齢者というのが基本条件です。そのほか、「長期入院を必要としない」「感染症などの疾患がない」など、地域や施設によって変わってきますので、注意が必要です。検討段階で詳細について確認するようにしましょう。

入居の申請には、市区町村などの各自治体へ申し込みをする必要があり、入所検討委員会の審査を経て入所判断が行われます。審査結果で必要性の高い方から優先的に入所できるようになっています。

施設・設備について

特別養護老人ホームには、浴室・トイレなどの共同設備、食堂と共同リビングを兼用する共同生活室などがあります。居室内にはトイレやキッチンはありません。また特別養護老人ホームの居室は、個室がない「多床室」「従来型個室」「ユニット型個室」に分類されていて、居住費やサービス費の料金もそれぞれ異なります。
共用スペースでの入居者同士の交流を図る狙いもあるのか、最近では従来型個室や多床室から、ユニット型個室やユニット型準個室への移行が進められているようです。今後の主流になっていくことでしょう。

日常生活について

特別養護老人ホームでの生活は、入居者の方の希望や心身の状況に応じて、ケアプランに沿った個別の介護サービスが中心となっています。一方で、施設生活を楽しく有意義に過ごせるようレクリエーション行事も多く企画されています。施設によって多少レクリエーション内容に違いはありますが、夏にはお祭り、冬にはクリスマスパーティーなど季節を感じることができたりします。
入居者同士のコミュニケーション維持と向上を図りながら、楽しく有意義に生活できるよう工夫されています。

入居するためにかかる費用

特別養護老人ホームに入居するための費用は、有料老人ホームと違って初期費用はかかりませんが、月額利用料は必要になります。月額利用料は、居室の設備、世帯収入や課税状況によって変わってくるものの、おおよそ5万〜13万円程度となっています。
入居にかかる費用として、家賃・食費・光熱費、その他日常生活にかかる雑費、介護サービスの自己負担分(1割もしくは2割)などがあります。また、一定の低所得要件を満たすことで居住費と食費について負担軽減を受けることができます。該当する方は、抑えておくべき情報ですね
※負担軽減に関する詳しい要件は、各自治体もしくは施設へ確認してみてください。

介護のコラムについて介護のコラムでは、MY介護の広場[老人ホームを探す]に掲載している施設情報からの情報と、編集部が集めた情報を元に記事を作成しています。

MY介護の広場 入居相談室では、ネットやお電話からの資料請求・見学の申込み、入居施設の選び方などのご相談にお応えいたします。
運営:株式会社パセリ

インターネットからご相談(無料)
お電話からのご相談平日10時〜18時
0120-174-155
ページ上部へ