老人ホーム・介護施設の種類
グループホームとは
記事アイキャッチ

グループホームとは5〜9人の認知症高齢者がグループになり、介護を受けながら共同で生活する施設です。小規模で家庭的な環境が特徴で、固定した介護スタッフから24時間ケアを受けることができます。入居条件も細かいため、該当するか確認しながら検討する必要があります。

グループホームとは

グループホームとは、主に65歳以上の認知症の診断を受けた方がおおよそ5人から9人のユニットで共同生活をする小規模な施設です。家庭的な生活を送ることで認知症の症状悪化を和らげたり、遅らせることが目的とされています。介護保険上では【認知症対応型共同生活介護】とされ、地域密着型サービスに分類されます。
入居者は入浴や排せつ、食事などの必要な介助を受けながら、家庭的な生活を送ることができます。自立支援の観点から、掃除や洗濯など自らできることは自分で行い、それぞれが役割を持ちながら共同生活をします。

グループホームの人員配置基準は、ユニット毎に利用者:介護職員の比率が常勤換算で「3:1」以上と定められています。施設によっては、「2:1」という場合もあるようですが、その分職員が多いことになるので、入居後の生活をしっかり見てもらえるという点では安心ですね。

入居条件は

グループホームは、共同生活の側面があるため、人付き合いが苦手な人や共同生活になじめない人には向かない可能性があります。あらかじめその点は理解しておくとよいでしょう。
入居するためには、以下を満たしていないと入居することができません。

【入居条件】
・住民票(入居予定のグループホームがある地域に住んでいることを証明するため)
・医師から認知症の診断を受け、かつ介護度においても要支援2もしくは要介護1〜5を受けている方
・感染症をお持ちの方や暴言・暴力などの認知症状が出ている方
・医療行為が必要な方(胃ろうや尿バルーン、経管栄養など)

※入居中に認知症状が悪化、もしくは病気によって医療行為が必要となった場合など退去しなければならない場合もありますので、必ず退去条件も事前に確認しておきましょう。

施設・設備について

1施設当たり、ユニット(共同生活住居)の数が2以下で、1ユニットの定員が5〜9人以下と定められています。居室はもちろん、食堂・台所・浴室・事務室・面談室など家庭的な生活を送るために必要な設備が整えられています。基本的にグループホームは入居者の自立サポートが目的なので、多くのグループホームでは浴室に機械浴などの設備は無いようです。必要な場合には、直接確認するようにしましょう。

施設によっては、住み慣れた環境に近い環境を再現できるように配慮されているケースもあります。例えば、和室で生活していた方向けに和室の部屋が用意されていて、布団での生活ができたりするところもあるようです。また、基本的には自由に家具を持ち込み可能としているところが多いようです。

日常生活について

グループホームでの日常生活は、基本的に起床から始まって食事をしたり、レクリエーションや散歩、入浴、就寝まで、家庭にいる時と近い1日を過ごします。その際、介助が必要な場合を除いて、食事の準備や後片付けや掃除、洗濯など出来る事は自分で行います。とはいえ無理強いされることはなく、出来る範囲の事を協力し合いながら生活しています。精神的に安定して生活を送り出来る事は自分で行うことは、脳を活性化し残存機能を使う良いリハビリにもなっているようです。

共同生活を行う上で、相性が合わないなど入居者間での問題が発生したり、認知症によって様々な問題行動が起きた場合にも、介護スタッフのケアによる迅速な対応ができる環境となっています。これも少ない人数で目が行き届きやすいグループホームの特性といえるでしょう。

入居するためにかかる費用

グループホームで入居時に支払う費用は地域や施設によって異なりますが、0円もしくは敷金や保証金として数十万円を支払うケースがほとんどです。有料老人ホームなどのように、数百万円〜数千万円といった高額な入居一時金が必要になることはほぼ無いと考えてよいでしょう。
月額費用は家賃相当額や食費、その他共益費や管理費、水道光熱費、介護保険の自己負担分(1割もしくは2割)がかかってきます。その他費用としては、おむつ代やお薬代、日常生活品などがかかります。月15万円〜25万程度が相場なようですが、それ以上にかかる施設もあるようです。

介護のコラムについて介護のコラムでは、MY介護の広場[老人ホームを探す]に掲載している施設情報からの情報と、編集部が集めた情報を元に記事を作成しています。

MY介護の広場 入居相談室では、ネットやお電話からの資料請求・見学の申込み、入居施設の選び方などのご相談にお応えいたします。
運営:株式会社パセリ

インターネットからご相談(無料)
お電話からのご相談平日10時〜18時
0120-174-155
ページ上部へ