介護ニュース
高齢者のトイレの重要性といい老人ホームのトイレ環境
2016/06/23 介護ニュース
記事アイキャッチ

生きるものにとって、排せつは生命維持に欠かせない重要な役割をもっています。また快適な生活と自立した生活を過ごすためにも、欠かすことができない機能です。 そのため、トイレは老人ホームといった介護施設を選ぶ時にも必ず確認しておきたい場所です。 では、どんなトイレが設置されている施設を選ぶべきなのでしょうか。 今回はトイレの重要性とトイレの環境について紹介します。

トイレの重要性

排せつは、できるなら年齢を重ねたとしても誰かの手助けなしに自立して行いたい行為です。
しかし加齢や病気などで身体機能が低下した方にとって、排せつの悩みや困りごとは多いです。無事に排せつを完了するまでの過程は、決して容易ではありません。

簡単に排せつの流れについて見てみましょう。
まずは立ち上がって、トイレまで移動するところから始まります。
トイレに入ると、ズボンや下着を下ろして座って排せつすることができます。

排せつが終わった後は、お尻を拭いて立ち上がり水を流します。
次はズボンや下着を整え、部屋まで戻らなくてはいけません。

高齢者や身体機能が低下した方々にとって、この動作の数々は転倒といった危険が伴います。
またトイレに行く途中で失禁してしまわないかと不安になるなど精神的な負担も生じるのです。

そのため施設に入居して環境が変わったとしても、安心して排せつできるトイレが必要となります。

施設のトイレ設置場所の確認

施設では、使用する部屋によってトイレまでの距離が異なります。
個室の場合はトイレまでの距離が近いく安心して移動できるので、本人にとっても自立した排せつ行動がとりやすいです。
共同トイレを使用する場合は、トイレまでの移動距離を確認しましょう。

また、トイレの場所が分かりやすいかも重要です。距離が長いことや場所が分からないことは、失禁してしまう可能性があります。
失禁は、本人にとって深く自尊心を傷つけられることにつながります。

また、トイレの待ち時間が発生しないような数があるかの確認もしましょう。

施設のトイレ環境


無事にトイレへと着いても、トイレ自体が排せつ行為を行いやすい環境でなければいけません。
例えば車椅子を必要する方の場合には、入口やトイレ内の広さが車椅子でも十分入る大きさであることが望ましいです。
そのために入口は1メートル以上のスペースが必要になります。

またトイレットペーパーが設置された位置・手洗いが行いやすい・緊急コールの位置や鳴らしやすい設置場所になっているかを確認しましょう。
また手すりを設置していること・保温機能付きの便座になっていると、安心できる排せつに繋がります。

手入れの状態も確認する

入居される方の衛生面にも影響するため、手入れがきちんとされているかの確認も大切です。
床や便器が汚れていないか・トイレットペーパーの補充は行われているかなどを確認して下さい。
適度に換気され、殺菌された環境になっていることが望ましいです。
強力な脱臭剤の臭いがする場合は、嫌な臭いを隠そうとしている場合がありますので注意が必要かもしれません。

入居後にトイレを使用する本人が不憫な思いをしないよう、現状と今後の生活を考慮して施設の状況を判断することをオススメします。

介護のコラムについて介護のコラムでは、MY介護の広場[老人ホームを探す]に掲載している施設情報からの情報と、編集部が集めた情報を元に記事を作成しています。

MY介護の広場 入居相談室では、ネットやお電話からの資料請求・見学の申込み、入居施設の選び方などのご相談にお応えいたします。
運営:株式会社パセリ

インターネットからご相談(無料)
お電話からのご相談平日10時〜18時
0120-174-155
お気軽にご相談ください!MY介護の広場 入居相談室

MY介護の広場 入居相談室では、ネットやお電話からの資料請求・見学の申込み、入居施設の選び方などのご相談にお応えいたします。
運営:株式会社パセリ

インターネットからご相談(無料)
お電話からのご相談平日10時〜18時
0120-174-155
ページ上部へ