介護ニュース
周囲の支えが大切な老人性パニック障害の特徴とケア方法
2016/06/23 介護ニュース
記事アイキャッチ

近年、高齢者のパニック障害が増加してきています。発症には老人性うつ病が関係しており予防には病院での検査と共に、家族や友人などといった周囲の方の支えが必要不可欠です。正しい特徴を理解し、ケアの方法を理解しましょう。今回は老人性パニック障害について紹介します。

周囲の支えが大切な老人性パニック障害の特徴とケア方法

近年、高齢者のパニック障害が増加してきています。
発症には老人性うつ病が関係しており予防には病院での検査と共に、家族や友人などといった周囲の方の支えが必要不可欠です。

正しい特徴を理解し、ケアの方法を理解しましょう。
今回は老人性パニック障害について紹介します。

高齢者のパニック障害の特徴

老年期は身体面や精神活動の低下が現れます。
現代では、これまでなかったストレスを日常生活の中で感じる機会が多くなり、老人性うつ病になりやすい方が増加してきました。

将来への不安・社会的立場の変化・家族とコミュニケーションが上手くいかないことによって、孤独が生じます。
こうした問題を上手に対処できないことが原因となっているのです。
老人性パニック障害は精神的な混乱を起こし、心のバランスが崩壊します。
そのときの不安が発作やうつ状態を招き、不安障害の1つであるパニック障害が発症するのです。

パニック障害は突然めまいや動悸を招き、時には呼吸することさえ困難な状態に陥るなど自律神経症状が起こる病気です。
少しでも兆候があれば、事前に病院で検査を受けることが、症状を予防する手助けになります。

高齢者のパニック障害は家族の支えが大切


精神状態が不安定になることで起こるパニック障害は、日常生活での要因が大きいと言われています。
特に家族など周りの方に相談することができない方やしない方に多く見られます。そのため、家族や知人など周囲の人たちの気付きや支えが必要です。
日頃からコミュニケーションをとっておくことや小さな変化を見逃すことなく、手を差し伸べられるような関係作りと環境を整えておくことが求められます。
特に精神的な不安は認知症へと繋がる可能性が少なくありません。将来のことを考えながら、予備知識をもって接していくことが大切です。

また家族による支えの他にも問題解決へ向けて取り組むためには、社会のサポートが欠かせません。
病院への適切な協力とともに、自治体や地域のボランティアを活用して自立を促進できるような支援が大切です。

しかし、うつ状態の時などは無理をしないようにしなければいけません。

高齢者のパニック障害の予防方法

老年期になる前に、予防方法を学んでおくこともパニック障害を発症させないためには大切です。
自分は何がしたいのかを考えることや趣味など自分の時間を作ったり、信頼できる方との人間関係を確立したりするなど、できることは事前に備えておきましょう。

また困った時やストレスを感じたときは1人で悩まないでください。他者に相談したりや援助を求める気持ちが大切です。
臨機応変に対応できる力を持ち、問題が起こった時は落ち込んだりせず、明るい生活を送ってみてはいかがでしょうか。

介護のコラムについて介護のコラムでは、MY介護の広場[老人ホームを探す]に掲載している施設情報からの情報と、編集部が集めた情報を元に記事を作成しています。

MY介護の広場 入居相談室では、ネットやお電話からの資料請求・見学の申込み、入居施設の選び方などのご相談にお応えいたします。
運営:株式会社パセリ

インターネットからご相談(無料)
お電話からのご相談平日10時〜18時
0120-174-155
お気軽にご相談ください!MY介護の広場 入居相談室

MY介護の広場 入居相談室では、ネットやお電話からの資料請求・見学の申込み、入居施設の選び方などのご相談にお応えいたします。
運営:株式会社パセリ

インターネットからご相談(無料)
お電話からのご相談平日10時〜18時
0120-174-155
ページ上部へ