老人ホーム・介護施設の種類
介護老人保健施設(老健)とは
記事アイキャッチ

介護老人保健施設とは介護が必要な高齢者の自立支援が第一目的の施設です。リハビリや栄養管理、食事、入浴など入居者ひとりひとりの状態や目標に合わせたケアサービスを受けることができます。入院治療の必要がなく要介護度1以上で65歳以上の方は入居可能ですが、入所期間があり終身での利用はできません。

介護老人保健施設(老健)とは

介護老人保健施設とは、介護が必要な高齢者の自立を支援するため、リハビリや栄養管理、食事、入浴など入居者ひとりひとりの状態や目標に合わせたケアサービスを提供する施設です。医師をはじめとする専門スタッフによって、夜間でも安心できる体制が整えられています。
病状が安定し入院治療の必要はないが、リハビリテーションを必要とする要介護度1〜5の方が利用可能です。

介護老人保健施設はあくまでも在宅復帰を第一の目標としているため、入所期間が設けられています。3ヶ月毎に退所あるいは入所継続の判定が行われ、検討会議で退所可能であると判断された場合には退所しなくてはなりません。しかし、現状は介護老人福祉施設の入所待機所として利用している方もいるようです。

入所条件は

介護老人保健施設の入所条件は、原則、要介護度1以上の65歳以上の高齢者となります。その他、「病状が安定している」「入院治療の必要がない」などもクリアしなければなりません。ただし、施設によって受け入れ態勢に差があるので、詳細は必ず確認するようにしましょう。尚、40〜64歳の方でも「特定疾病に認定された」場合には、入所基準を満たしていることになります。

入所の申請は施設への申し込みから始まり、面談、主治医意見書、診断書を通して本人の健康状態や介護度など確認・審査のうえ、入所判断が行われています。

施設・設備について

介護老人保健施設には、いくつか居室タイプがあります。個室がない「多床室」、ユニット(=10人程度の生活単位)が設定されていない「従来型個室」、10人を1ユニットでケアを行うユニットタイプに分類されています。
居室、浴室、トイレなどの共同設備、食堂と共同リビングを兼用したスペース、さらには機能訓練室や医務室、診療室などの設備もあります。ユニットタイプでは、食堂や浴室、リビングルームなどユニットごとの設置になっています。居室内にはトイレやキッチンがない点は、注意したい点ですね。 それぞれタイプ別によって居住費やサービス費の料金も異なります。

特別養護老人ホームと違い、機能訓練室や診察室には常勤の医師がいて、利用者の状態を把握やリハビリなどの対応やサポートもスムーズで安心です。また、理学療法士や作業療法士も常勤となっているようです。

日常生活について

介護老人保健施設(老健)での生活は在宅への復帰が第一であるため、食事や入浴、排泄などの日常生活のサポートや、療養上のケア、リハビリなどの機能訓練を通して家庭での生活に戻れるような内容となっています。
介護老人保健施設へ入居を検討する際には、入所期間が決められていることもあり終身での利用はできないことをあらかじめ理解しておくようにしましょう。 老健に入所した時点で、退所後のことも念頭に置いて施設選びを進めると良いかもしれません。

入所するためにかかる費用

介護老人保健施設の入所するための費用は、初期費用は必要ありませんが、月額利用料がかかってきます。居室の設備、世帯収入や課税状況によって違いはありますが、月額利用料は8万〜13万円程度と特別養護老人ホームよりもやや高めになっています。
月額費用には、家賃・食費・光熱費、その他日常生活にかかる雑費などが必要となります。食費については療養食などが必要な場合、別途サービス加算がつくこともあるようですので、居室タイプなども確認しながら比較検討してみてください。

介護のコラムについて介護のコラムでは、MY介護の広場[老人ホームを探す]に掲載している施設情報からの情報と、編集部が集めた情報を元に記事を作成しています。

MY介護の広場 入居相談室では、ネットやお電話からの資料請求・見学の申込み、入居施設の選び方などのご相談にお応えいたします。
運営:株式会社パセリ

インターネットからご相談(無料)
お電話からのご相談平日10時〜18時
0120-174-155
ページ上部へ