中心静脈栄養法とは?医療や働き方などの記事執筆者によるライティング内容

  1. 中心静脈栄養法とは?
  2. 中心静脈ってどこにあるの?
  3. 中心静脈栄養法はどんな時に行うの?
  4. 中心静脈栄養法が必要な病気は?
  5. カテーテルには種類がある?
  6. 中心静脈栄養法のメリットは?
  7. 中心静脈栄養法のデメリットは?
  8. 在宅中心静脈栄養(HPN)とは?
  9. どんな人が行うの?
  10. 在宅で中心静脈栄養を行う場合の注意点は?
  11. 「点滴ルート、カテーテル挿入部の状態」などの細めな観察!
  12. 中心静脈栄養についてよくある質問
  13. 介護のお役立ち情報を随時配信!
記事アイキャッチ

中心静脈栄養法とは、何らかの原因で口から物が食べられなかったり、胃や腸がうまく機能しなかったりする場合に、人工的に栄養を注入する方法の一つです。血管の中にカテーテル(管)を入れ、点滴で栄養を投与します。医療的な処置が必要になりますが、病院だけでなく介護施設や自宅などでも用いられます。中心静脈栄養法についての目的や種類、質問などをご紹介します。尚、当記事内容は医療や働き方についての記事を執筆するライターにより書かれた内容です。

当コラム内容について

脳梗塞について、インタビュアーに専門家の1見解をもとにまとめました。
以下でご紹介する内容で異なる場合もあるかもしれませんが、ご理解の程よろしくお願い致します。

中心静脈栄養法とは?

中心静脈に入れたカテーテルから栄養を投与すること!

口から物が食べられなくなった時には、体の機能を保つために栄養を入れなければなりません。栄養を入れる方法には、血管を使う「静脈栄養法」と、胃や腸を使う「経腸栄養法」があります。さらに静脈栄養法は、腕や足の細い血管にカテーテルを入れる「末梢静脈栄養法」と、中心静脈にカテーテルを入れる「中心静脈栄養法」の2種類に分けられます。

呼び名は様々あり!

中心静脈栄養法に関する用語には、IVHやTPN、CVCなどがあり、時に混乱を招いてしまいます。日本ではIVH(Intravenous Hyperalimentation)という呼び方が広く使われていますが、中心静脈栄養法のことだけでなく、間違った使い方をされることがあります。中心静脈にカテーテルを入れる処置のことをIVHと言ったり、カテーテルの挿入部をIVHと呼んだり、施設によって使い方が変わることもあります。日本臨床栄養代謝学会では、用語を正しく使うために、中心静脈栄養法をTPN(Total Parenteral Nutrition)と定義しています。CVC(Central Venous Catheter)という言葉は、中心静脈栄養法ではなく、中心静脈に入れるカテーテルのことを指します。

中心静脈ってどこにあるの?

心臓の近くにある太い血管!

中心静脈は心臓の近くにある太い血管で、体中から集めた血液を心臓に戻す役割があります。中心静脈栄養法では、中心静脈の中に留置したカテーテルから、栄養となる点滴を注入します。末梢静脈よりも太く血液量が多いという特徴があり、末梢静脈栄養法に比べてさまざまなメリットがあります。

中心静脈栄養法はどんな時に行うの?

点滴で長期間の栄養投与が必要な場合!

中心静脈栄養法が必要になるのは、点滴で長期間の栄養投与が必要な場合や、カロリーの高い点滴を血管から投与する場合などです。細い末梢静脈では投与できるカロリーに制限があり、体に必要な栄養を長期的に投与できないためです。中心静脈栄養法であれば、高カロリーの点滴を入れることができ、長期間の栄養投与が可能です。

中心静脈栄養法が必要な病気は?

クローン病や潰瘍性大腸炎、重症な急性膵炎、消化管瘻など

中心静脈栄養法を必要とする病気には、さまざまなものがあります。具体的な例をあげると、クローン病や潰瘍性大腸炎などの腸に炎症を起こす病気、重症な急性膵炎、消化管瘻(消化管に穴が空いた状態)などがあります。また症状や治療に伴って中心静脈栄養法が必要になることもあり、治療が難しい下痢、大手術、骨髄移植、化学療法などでも用いられることがあります。ただし、どの状況でも必ず中心静脈栄養法を行うわけではなく、消化管の機能や栄養状態を考え、必要と判断された場合に用いられます。

カテーテルには種類がある?

タイプにより『体外式』と『皮下埋め込み式』に分かれる!

中心静脈栄養法を行うためには、体の中にカテーテルを入れる必要があります。カテーテルのタイプは、体外式カテーテルと皮下埋め込み式カテーテルの2種類に分けられます。

体外式カテーテル

体外式カテーテルでは、鎖骨や首、太ももの付け根などの血管からカテーテルを入れて、先端を中心静脈に留置します。カテーテルの一部を体の外に出しておくことで、点滴を簡単に接続できます。点滴をしない時は、接続を外してカテーテルだけ残しておくことが可能です。見た目としては、わずかな長さのカテーテルが皮膚の外に出ている状態になります。

皮下埋め込み式カテーテル(通称CVポート)

皮下埋め込み式カテーテルは、名前の通りカテーテルを皮膚の中に埋め込んでしまう方法で、通称CVポートとも呼ばれます。100円~500円玉くらいの大きさの本体を、胸あたりの皮膚の中に埋め込みます。栄養を投与する時は、皮膚の上からポート本体に針を刺します。栄養の点滴は本体につながったカテーテルを通して、血管へ入っていきます。針を抜いてしまえば、体の外に出ているものは何もなく、外出や入浴などの制限はありません。外から見ると少し皮膚が盛り上がるだけで、大きく目立たつことはありません。

中心静脈栄養法のメリットは?

腸を使わずに栄養を投与できる!

病気や症状によっては、消化管に負担をかけられず腸から栄養を入れられない時があります。腸を使わずに中心静脈から栄養を投与することで、腸の安静を保ちながら栄養管理ができます。点滴内容を調整すれば、状態に応じて栄養成分や水分量を細かく設定することも可能です。

高カロリーの点滴を入れることができる!

腸から栄養を入れられない、または腸からの栄養だけでは足りない場合、点滴で必要な栄養素を補う必要があります。ただし末梢静脈栄養法では、カロリーの高い点滴を入れられないので、十分な栄養管理ができないことがあります。点滴のカロリーを増やすためには、薬液の濃度を上げる必要があり、細い血管に入れると炎症を起こしてしまうためです。太く血液量の多い中心静脈であれば、点滴の濃度をすぐに薄めてくれるので、炎症を起こすことなく高カロリーの栄養を投与できます。

確実に投与ができて苦痛が少ない!

中心静脈は末梢静脈に比べてとても太く、カテーテルが引っ張られたり抜けたりしない限り、確実に栄養を投与できます。末梢静脈では薬液が皮膚に漏れたり、血管が炎症したりすることがあり、そのたびに点滴を刺し直さなければなりません。中心静脈栄養法では、一度カテーテルを入れてしまえば何度も針を刺す必要がないので、毎回痛い思いをせずにすみます。

点滴を中止してもいつでも再開できる!

点滴の必要がなくなった場合でも、カテーテルさえ残しておけば簡単に投与を再開することができます。栄養状態をみながら高カロリーの点滴を始めることも、急に症状が悪化した時の薬剤投与も可能です。

長期的に使える!

中心静脈は正しく管理すれば、長期的に使うことができます。感染や誤って抜いてしまう事故などを予防するための管理が必要ですが、数ヶ月以上使い続けることも可能です。

中心静脈栄養法のデメリットは?

カテーテルを入れるために処置や手術が必要!

カテーテルを体の中に入れるためには、外科的な処置や、場合によっては手術が必要なことがあります。処置や手術の際には、まれではありますが合併症が起こることがあります。考えられる重大な合併症は、痛み止めに使う麻酔によるショック、動脈に針を刺してしまった場合の大量出血、肺を傷つけることで起こる気胸や血胸などがあります。

カテーテルによる合併症!

中心静脈栄養法では、カテーテルの挿入中だけでなく、入れた後にも合併症が起こることがあります。カテーテルが原因で感染を引き起こしたり、血管の中で血栓(血のかたまり)ができてしまったりすると、医療処置が必要です。場合によっては、カテーテル自体を抜かなければならないこともあります。またカテーテルの先端が心臓の中に入ってしまった場合に起こる不整脈や、カテーテルの先端が静脈を圧迫して穴を空けてしまうこともあります。中心静脈栄養法を選ぶ時には、合併症のリスクを十分に考えた上で決定する必要があります。

長期の絶食による合併症!

腸から全く栄養を投与できない絶食状態が続くと、消化管機能が低下し感染症を引き起こす可能性があります。使われなくなった腸の粘膜が萎縮し、感染に対するバリア機能が低下するためです。バリア機能が弱ってしまうと、腸内細菌が腸粘膜を通過してしまい、重症な感染症の原因になります。また肝機能の低下や、胆石ができてしまう可能性もあります。絶食には多くのデメリットがあるため、消化管が使える状態であれば、できるだめ腸から栄養を投与することが推奨されています。

カテーテルの管理が必要!

長期的に安全に中心静脈栄養法を実施するためには、カテーテルの管理がとても大切です。感染や血栓などの合併症、事故抜去(誤ってカテーテルが抜けてしまうこと)、カテーテル内でのつまりなどを防ぐために、毎日の観察や管理が必要です。すべての合併症やトラブルを100%防ぐことはできませんが、ある程度の予防や異常の早期発見は可能です。

在宅中心静脈栄養(HPN)とは?

自宅にいながら中心静脈栄養を投与する方法!

中心静脈栄養法が行えるのは、医療施設だけではありません。自宅にいながら中心静脈栄養法を行うことを、在宅中心静脈栄養(HPN)と言います。在宅中心静脈栄養を用いることで、家庭で病気の治療を行うことができます。症状や体調によっては、社会復帰も可能です。

どんな人が行うの?

入院治療が不要な方、自宅生活を希望される末期がん患者の方など

病状が安定していて入院治療が不要な方や、経腸栄養が困難ではあっても自宅での生活を希望される末期がん患者の方などが、在宅中心静脈栄養の適応となります。在宅中心静脈栄養法では、皮下埋め込み式カテーテルが広く普及しています。皮下埋め込み式カテーテルは、針を抜けば体の外に出ているものは何もなくなります。日常生活の行動制限がなく、シャワーや入浴が簡単な点は、自宅で過ごす上で大きなメリットです。

在宅で中心静脈栄養を行う場合の注意点は?

具体的な管理方法は練習して身につける必要あり!

常に医療スタッフがいる医療施設とは違い、在宅では主に本人や家族が点滴やカテーテルの管理を行います。訪問看護を利用する場合、看護師によるケアを受けられますが、24時間家にいてくれるわけではありません。具体的な管理方法は看護師とともに練習し、身につけていく必要があります。また予測される合併症、トラブルの対処法も教えてもらいながら覚えておくことも大切です。緊急時にはすぐ対応してもらえるように、休日や夜間でもつながる連絡先を把握しておきましょう。

「点滴ルート、カテーテル挿入部の状態」などの細めな観察!

具体的に自宅で行う処置は、点滴の混注(混ぜ合わせること)、点滴バッグの交換、カテーテルの接続、点滴ルートの交換、カテーテル挿入部の消毒とフィルムの張り替えなどがあります。また点滴ルートが折れ曲がったり、カテーテル挿入部の赤みや痛みが出たりしないか、日頃から観察しておくことで、トラブルを防いだり、異常の早期発見につながります。これらすべての処置や観察は、本人や家族だけで行うのは難しいことがあります。看護師の助けを借りながら、安全に過ごせるようにしていきましょう。

中心静脈栄養についてよくある質問

点滴の注入速度はどうやって調整するの?

自宅で中心静脈栄養法を投与する時には、専用の小型のポンプがあります。一定の量を自動で注入してくれるため、細かく点滴の速度を調整する必要はありません。

外出はできるの?

中心静脈栄養法をしながらでも、外出は可能です。点滴をする時間を夜だけにして、昼間は外すという方法があり、点滴を外している間は自由に動けます。24時間の点滴投与が必要な場合でも、点滴とポンプを持ち運ぶことで外出が可能です。点滴とポンプをまとめて入れられるキャリーパックや、専用のポケットがついたジャケットなど、移動に便利なものもあります。

24時間かけて投与するのはなぜでしょうか?

中心静脈栄養法では、急速な投与や中断によって栄養をうまく代謝できなくなることがあります。例えば高カロリーの点滴の開始直後は高血糖になり、投与中止によって低血糖になるというリスクがあります。安定した速度で24時間投与することで、急な血糖変化を避けることができます。ただし必ずしも24時間で投与しなければならないわけではなく、状態によっては生活リズムに合わせた時間帯に点滴することも可能です。

入浴はできますか?

可能です。体外式カテーテルの場合は、防水加工のフィルム材を貼って創部が濡れないようにします。皮下埋め込み式カテーテルであれば、針を抜いて止血した後、数時間経てばそのままシャワーや入浴が可能です。実際の手順や注意点は、看護師から教えてもらい覚えていきましょう。

中心静脈栄養法を開始したら、もう口から食事はできなくなるのでしょうか?

病気や症状の程度によりますが、栄養の補助として中心静脈栄養法を用いる場合、点滴をしながら口から食べることが可能です。原因となる状態が回復すれば、口からの食事だけに戻せることもあります。ただし長期にわたり中心静脈栄養法を行った場合には、食事だけの栄養に戻すのに時間がかかることがあります。食べ物を噛む力や飲み込む力が衰えたり、消化機能が低下したりするためです。食事再開の時には、医師や専門家とともにリハビリが必要なこともあります。

ライター プロフィール

<野田 裕貴氏>
高校3年生の時の入院をきっかけに、看護師を目指す。看護学校を卒業後、地元の大学病院へ就職。緩和ケア、ICU、血液内科を経験し、幅広い看護を学ぶ。また、部署での看護ケアと平行し、看護研究や災害派遣、学生への講義、海外病院視察など、さまざま経験。
新卒から11年勤務した大学病院を、独立のために退職。これまでに身につけた知識やスキルを活かし、医療や働き方についての記事を執筆するライターとなる。

監修者

<藤井 寿和氏>
合同会社福祉クリエーションジャパン 代表
陸上自衛官を経験後、介護の仕事に転身。医療法人の事業部統括マネージャーに就任した後、独立。

● 介護施設 現場支援コンサルタント
● レクリエーション介護士1級・2級 公認講師
● 介護情報誌「介護Times Tokyo」および「TOWN介護Tokyo」編集長

介護のお役立ち情報を随時配信!

姉妹サイトのLINE公式アカウントにて配信中

『MY介護の広場』の姉妹サイトである『介護の資格最短net』では、介護関連の資格情報を中心に、介護のお役立ち情報も配信しています。

「スタッフが厳選!おすすめの有料老人ホーム情報」
「介護関連の用語まとめ」
「介護施設への入居時にかかる費用はどのくらい」 など

介護に関するお役立ち情報をお届け♪ご興味・関心のある方は、ぜひお友達登録をお願いします!

お友達登録はコチラ

\このページをシェアする/

介護のコラムについて介護のコラムでは、MY介護の広場[老人ホームを探す]に掲載している施設情報からの情報と、介護のコラム編集部が集めた情報を元に記事を作成しています。

\お気軽にご相談ください(無料)/

MY介護の広場入居相談室

MY介護の広場 入居相談室では、ネットやお電話からの老人ホーム・介護施設への資料請求・見学の申込み、施設の選び方などのご相談無料でお応えいたします。

ネットから相談 お電話から相談平日・日曜
10~18時
0120-175-155お電話からも相談・利用無料/平日・日曜10~18時

人気エリアやこだわりたい条件に合わせた施設のご提案も可能です。

練馬区 世田谷区 杉並区 大田区 江戸川区 豊島区 認知症可 看護体制(24時間) 開設後3年以内 二人部屋あり 温泉付き

運営:株式会社パセリ

エリアから老人ホーム・介護施設を探す

種類から老人ホーム・介護施設探す

人気エリアから老人ホーム・介護施設を探す

\お気軽にご相談ください(無料)/

MY介護の広場入居相談室

MY介護の広場 入居相談室では、ネットやお電話からの老人ホーム・介護施設への資料請求・見学の申込み、施設の選び方などのご相談無料でお応えいたします。

ネットから相談 お電話から相談平日・日曜
10~18時

\お電話から相談/

0120-175-155相談・利用無料/平日・日曜10~18時

人気エリアやこだわりたい条件に合わせた施設のご提案も可能です。

練馬区 世田谷区 杉並区 大田区 江戸川区 豊島区 認知症可 看護体制(24時間) 開設後3年以内 二人部屋あり 温泉付き

運営:株式会社パセリ

介護のコラム注目ワード

介護のおすすめ情報

新着のおすすめ老人ホーム

ページ上部へ

[MY介護の広場 老人ホームを探す]は2014年7月より(株)パセリが運営・管理しています。
コンテンツ・掲載情報に関し、明治安田システム・テクノロジーは責任を負いません。