介護ニュース
高齢者の熱中症を防げ!「かくれ脱水」の原因と対策
2016/07/26 介護ニュース
記事アイキャッチ

夏は熱中症に気をつける必要がありますが、高齢者は脱水症状の一歩手前の「かくれ脱水」を起こしているケースもあるので要注意です。高齢者が脱水症状を起こしてしまう原因と脱水の症状を知って、早めの脱水対策をしましょう。

高齢者の熱中症を防げ!「かくれ脱水」の原因と対策

暑い夏の間は熱中症リスクが高まります。
特に高齢者の体調管理には特に気をつける必要があります。
気温の高い日には室内でも熱中症を起こすことがあり、重篤な状態に陥ることも多いものです。

熱中症までいかなくても、脱水症状の一歩手前の「かくれ脱水」を起こしてしまうケースもあるので、きちんと対策をする必要があります。

■高齢者の脱水症状の原因は?

高齢者が脱水症状を起こしやすい理由はいくつもあります。
まず腎臓機能といった体の機能や筋肉量の低下によって、体内の水分が失われやすいことが挙げられます。
これによって水分や塩分の減少スピードが早くなります。
発汗が多くなってしまうと、体温を調節する機能も追いつかなくなってしまうので注意が必要です。

さらに高齢者は食事の量も少ないため、水分や電解質が不足しやすくなりがちです。
また積極的に水分や塩分の補給をしたり、エアコンを使うといった暑さへの対策をしない高齢者も多いため、周りの方々から気を付けていきましょう。

■高齢者の脱水症状のサインとは?

高齢者が脱水症状を起こしている場合には、早めにそのサインを見つけて対策することが肝心です。
見た目に元気がなく、ふらふらしているという高齢者の方は脱水症状を疑い、食塩とブドウ糖が含まれた経口補水液などを利用して対策しましょう。
ひどい頭痛や足がつる状態も脱水症状の可能性が高いです。もし水分を摂取しても改善する様子が見られないといった場合には医師に診察してもらうようにしてください。

また「血圧が低下している」「脈拍が早くなっている」「汗の量が多い」「手足が普段より冷たい」といった症状も、かくれ脱水のサインです。
口の中を確認して、「普段より乾燥している」「普段より舌に赤みがある」「真っ白になっている」という場合には脱水症状が疑われます。

■高齢者の脱水対策とは?

日常の些細なことから、高齢者のかくれ脱水を予防していくことが大切です。
かくれ脱水を防ぐために、なによりも重要なことは体温調整です。

暑い日には風通しの良い涼しい服装を心掛け、首に巻くだけでひんやりするスカーフなどを積極的に取り入れましょう。
室内にいる時でも、節電のためにエアコンを使わないという高齢者はおられます。しかし、この行動が熱中症を引き起こすことも多いのです。
暑い日には無理をせず冷房を使い、体にかかる負担を減らしたいものです。

さらに、規則正しい生活や、栄養バランスのとれた食事を心がけることも、かくれ脱水を予防することにつながります。
暑い夏にはきちんと熱中症対策をして、高齢者の脱水症状を防ぎたいものですね。

介護のコラムについて介護のコラムでは、MY介護の広場[老人ホームを探す]に掲載している施設情報からの情報と、編集部が集めた情報を元に記事を作成しています。

MY介護の広場 入居相談室では、ネットやお電話からの資料請求・見学の申込み、入居施設の選び方などのご相談にお応えいたします。
運営:株式会社パセリ

インターネットからご相談(無料)
お電話からのご相談平日10時〜18時
0120-174-155
お気軽にご相談ください!MY介護の広場 入居相談室

MY介護の広場 入居相談室では、ネットやお電話からの資料請求・見学の申込み、入居施設の選び方などのご相談にお応えいたします。
運営:株式会社パセリ

インターネットからご相談(無料)
お電話からのご相談平日10時〜18時
0120-174-155
ページ上部へ