介護ニュース
脳機能維持にも?小さい孫と一緒に盛り上がれる遊び方10選
2016/09/27 介護ニュース
記事アイキャッチ

お孫さんと一緒に遊ぶ時間は、皆さんにとっての至福の時間かと思います。お孫さんに「一緒に遊ぼう?」と言われると、心が躍ることでしょう。 しかし、最近の子供の遊びと言えば、スマホやパソコン、そしてゲームといったものばかり。 難しくてついていけない! なんて、お困りではありませんか? そんな時にオススメしたいのが、皆さんが小さいころにやっていた昔ながらの遊びです。 ゲームばかりしている現代の子供だからこそ、創造性のある昔ながらの遊びはお孫さんの心を強く惹きつけてくれます。 お孫さんたちに昔遊びを教えて、大好きになってもらいましょう。

子供にとって魅力的な昔遊びは?

「古臭い遊びは、今の子には面白くないんじゃ……」と思う方も多いのではないでしょうか。
そのような心配はありません。
昔遊びは、物のない時代に子供たちのために工夫され改良され続けてきただけに、子供の心身の健やかな発達を促し、好奇心を刺激するものばかりです。

時代は変わっても、子供を魅了する力があります。
自信を持ってご自身の経験を活かし、お孫さんを楽しませてあげてください。尊敬されるかもしれませんよ!

昔遊びは子供たちの成長にも役立つ

昔遊びはただ楽しいだけではありません。
遊びをとおして、子供たちのさまざまな能力を成長させてくれます。

男女別におススメの昔遊びと、遊ぶことで発達する能力は以下の通りです。

男の子におススメの昔遊び
1. ベーゴマ ⇒ 競争心を養い、身体のバランス能力を養える
2. メンコ ⇒ 競争心と推理力を養い、身体のバランス能力を養える
3. けん玉 ⇒ 達成感が味わえ、身体のバランス能力とリズム感を養える
4. 積み木 ⇒ 手指の発達と、想像力・思考力を養える
5. お絵かき ⇒ 美的感覚と色彩感覚を養い、想像力・観察力を養える

女の子におススメの昔遊び
1. お手玉 ⇒ 手足の運動神経の発達と、四肢のバランス能力を養える
2. 折り紙 ⇒ 手指の発達と脳神経への良い刺激、想像力・思考能力を養える
3. おままごと ⇒生活習慣や儀礼を覚え、想像力を養える
4. 塗り絵 ⇒ 美的感覚と色彩感覚を養い、想像力・観察力を養える
5. パズル ⇒ 想像力と思考力を養える

昔遊びでお孫さんと楽しくコミュニケーションをしましょう

昔遊びは性別や年齢に応じて遊び方を変えて、自分らしさを加えてバリエーションを豊かにし、長く遊べることが魅力です。

昔ながらの遊びはシンプルで、自分で考えながら遊ぶので面白味が違います。
経験を積んでコツをつかまないと上達しないので、子供達はなんとかコツをつかもうと、夢中になってくれますよ。

こういった遊びはおじいちゃん、おばあちゃんが得意ですから、子供達から「スゴイ!」と尊敬の念を集められるかもしれません。
それはまた、教えがいやご自身の楽しみにもつながることでしょう。

昔遊びは子供のためにも自分のためにもなる

日本の昔ながらの遊びは手指を動かし程よく脳を刺激するので、子供の発達だけでなく高齢者の脳機能の維持にももってこいです。

お孫さんと一緒に楽しく遊びながら自分の機能も維持できる。
昔遊びはお孫さんと皆さんの両方にとってメリットの多い遊び方なのです。

介護のコラムについて介護のコラムでは、MY介護の広場[老人ホームを探す]に掲載している施設情報からの情報と、編集部が集めた情報を元に記事を作成しています。

MY介護の広場 入居相談室では、ネットやお電話からの資料請求・見学の申込み、入居施設の選び方などのご相談にお応えいたします。
運営:株式会社パセリ

インターネットからご相談(無料)
お電話からのご相談平日10時〜18時
0120-174-155
お気軽にご相談ください!MY介護の広場 入居相談室

MY介護の広場 入居相談室では、ネットやお電話からの資料請求・見学の申込み、入居施設の選び方などのご相談にお応えいたします。
運営:株式会社パセリ

インターネットからご相談(無料)
お電話からのご相談平日10時〜18時
0120-174-155
ページ上部へ