介護ニュース
原因は「生活リズム」? 高齢者にみられる不眠の原因とは?
2019/01/25 介護ニュース
記事アイキャッチ

高齢者の方々の中には「眠りが浅くなった」と不眠の悩みを抱えている方も多くいます。
朝早く目覚めてしまったり、夜中に何度も起きてしまうなどの症状を訴えている方も珍しくありません。

ここでは、高齢者にみられる不眠の原因と対策をご紹介いたします。

高齢者の不眠の原因とは?

歳を重ねるとともに、不眠の悩みを抱える方が増えています。

不眠の症状としては、朝早く目覚める「早朝覚醒」や夜中に何度も起きてしまう「中途覚醒」があり、
これらは、体内時計のリズムの乱れによって起きていると考えられています。
これらがどうして起こるのか、見ていきましょう。

睡眠の必要量が減る

高齢になると、仕事や育児などの日中の仕事が減少してきます。
若い頃と比べて消費エネルギー量が少なくなり、必要とする睡眠時間も減っていきます。

最高体温が低下する

人の体は、1日の中で体温が変化しています。
最も体温が低いのは起きる前で、最も高くなるのが夜休む前です。
朝目覚めてから体温が上昇し、就寝前にピークになってからは、また低下していきます。
体温を下げることでエネルギーの代謝が抑制され、脳を休ませることができます。
高齢者は最高体温が低く、体温を下げるのに必要な時間も短くなり、睡眠時間も短くなる傾向があります。

睡眠ホルモンの減少

睡眠を促すホルモン「メラトニン」の働きによって、人の体は眠気を感じるようにできています。
年齢を重ねると、このメラトニンの分泌量が減ってきます。
それにより、寝付けなかったり、寝てもすぐ目が覚めてしまうという症状が現れます。

不眠の対策は?

寝つきが悪い場合

まずは、生活リズムが以前よりも前倒しになっていないか確認しましょう。
食事や入浴、床に就く時間が早くなっていたら要注意です。
本来眠くなる時間より前に床についているケースが考えられます。
寝つきが悪いという人は、「眠くなってから布団に入る」、「朝は決まった時間に起きる」など、
自分の眠気と就寝のタイミングを少しずつ調整していくことが大切です。

夜中に目が覚める場合

実は、歳を重ねるごとに深い眠りが減少し、反対に浅い眠りの時間は相対的に長くなります。
60代の平均睡眠時間は約6時間で、これ以上寝ようとしても浅い眠りの時間が増えるか、目覚めてしまいます。
高齢者は睡眠時間が減るものと理解し、必要とする睡眠時間だけ眠れば十分と覚えておきましょう。
「6〜7時間ほどの睡眠が適切」と言われています。

朝早く目が覚める場合

この症状は、男性に多く見られ、生活リズムが前倒しになってしまうことが原因です。
まずは、就寝する時間を後ろにずらすなど、朝起きる時間を一定に保ちましょう。
高齢になって睡眠時間が減ったとはいえ、毎日変化しているわけではりません。
現在、必要な睡眠時間が何時間かを知ることが大切です。

体内時計を整える方法

体内時計の狂いが、高齢者の睡眠の乱れへと繋がります。
以下に紹介するポイントを参考に、生活リズムを調整していきましょう。

生活リズムの確認項目

●朝は決まった時間に起きる
●日中に外出して、太陽の光を浴びる
●適度な活動で、程よい疲労感を得る
●睡眠の1時間前に入浴し、その体温変化を利用する


加齢とともに、睡眠の質も時間も変化していきます。
「起床時間が生活と合ってない」「睡眠が浅くて何度も起きてしまう」と感じたら、
現在の自分が必要とする睡眠時間を把握し、生活リズムを調整することが大切になります。

最後に

今回は、「高齢者の不眠原因」について記載いたしました。
改めてご自身の生活リズムを見直し、規則正しい生活を心掛けることから始めてみましょう!

ただし、「それでも寝れない!」という方は、下記の方法も参考にしてみてください。


<実際のユーザーからの声>
●孫に勧められ、寝る前に好きな香りのアロマを焚いたら、ぐっすり寝られた。 (74歳/女性/京都府)
●久しぶりに枕を変えてみたら、いつもよりも眠れたように感じる。      (70歳/男性/群馬県)
●寝る前に簡単なストレッチを行ってから、布団に入ることを習慣にしています。(73歳/男性/宮城県)

「アロマ」の関連商品を見る(Amazon)

「枕」の関連商品を見る(Amazon)


上記のように、色々な方法を試してみるのも良いかも知れませんね。

十分な睡眠を取ることは、日々の充実感にも少なからず影響を与えます。
朝から元気に活動し、夜は早めに休むということを心掛け、充実した日々を過ごしていきましょう!

介護のコラムについて介護のコラムでは、MY介護の広場[老人ホームを探す]に掲載している施設情報からの情報と、編集部が集めた情報を元に記事を作成しています。

MY介護の広場 入居相談室では、ネットやお電話からの資料請求・見学の申込み、入居施設の選び方などのご相談にお応えいたします。
運営:株式会社パセリ

インターネットからご相談(無料)
お電話からのご相談平日・日曜 10時〜18時
0120-175-155
お気軽にご相談ください!MY介護の広場 入居相談室

MY介護の広場 入居相談室では、ネットやお電話からの資料請求・見学の申込み、入居施設の選び方などのご相談にお応えいたします。
運営:株式会社パセリ

インターネットからご相談(無料)
お電話からのご相談平日・日曜 10時〜18時
0120-175-155
ページ上部へ